ハイブリッドクイック工法と従来工法との比較

従来工法の問題点

ピンニング工法の問題点

◆振動ドリルによる騒音(80dB以
 上)、振動、粉塵が発生します。
◆振動が及ぼす共浮きの誘発、また
 タイル表面穿孔が出来ません。
 (タイルが割れる)
◆0.7mm以下の空隙部にエポキシ
 樹脂が注入できません。
◆粉塵の清掃不良により接着強度が
 低下します。
◆注入した樹脂が内圧によって押し
 戻されます。(注入不良発生)
◆全ネジピンを差し込むと、反発圧
 によって浮き出てしまいます。
◆孔内部に樹脂を十分注入すること
 が出来ません。
◆孔最深部に樹脂が注入できませ
 ん。
◆施工強度が低下します。
◆作業工程が多すぎます。

注入口付アンカーピン工法の
問題点

◆アンカーを拡張させるためにハン
 マーによる打撃音が発生します。
 (80dB以上)
◆注入口部が拡張しているため、
 皿もみ作業5mmが必要であるた
 めタイルの有効強度が低下しま
 す。
 (皿もみによる断面欠損)
◆ハンマーの打撃によってタイルが
 割れてしまいます。
 (キャップ部による固定能力の低
 下)
◆拡張コーンが邪魔になり
 樹脂が困難。
◆注入した樹脂が内圧によって
 押し戻されます。
 (注入不良発生)
◆作業工程が多すぎます。

タイル張替え工法の問題点

◆既存タイル斫り時に騒音(80dB
 以上)、
 振動、大量な粉塵が発生します。
◆粉塵飛散防止の為、過大な
 養生設備が必要となります。
◆既存タイル斫り、産廃処分の為、
 膨大なCO²が排出します。
◆既存タイルと張替えタイルとの
 色違いが顕著であり美観に劣りま
 す。
◆作業工程が多すぎます。


ハイブリッドクイック工法の特徴

MF1ドリル【ハイブリッド仕様】使用
の利点

◆タイルに皿もみしないのでタイル
 の強度が低下しません。
◆非常に穿孔孔が低いため居抜き
 工事ができます(60dB以下)。
◆湿式であるために粉塵がでません
 (バキューム一体型の洗浄穿
 孔)。
◆躯体空隙部に詰まりが発生しませ  ん(0.1mmの空隙により注入
 可能)。
◆速乾性の冷却水使用による作業
  効率の向上。
◆低振動であるため躯体の共浮きが
 発生しません。
◆タイル、石材を割らずに穿孔でき
 ます。

ハイブリッドノズル使用の利点

◆どのような孔の深さに対しても
 奥部より 樹脂の注入が可能です
 (自動注入)。
◆ハイブリッドクイックピンを差込
 んでもピンの浮き出しがありませ
 ん(エアー溜まりなし)。
◆樹脂の注入不良が発生しません。
◆樹脂の注入量が調節できるので
 樹脂が溢れず壁面を汚しません。
◆樹脂の注入が確実なので、
 ピンの引抜き強度が充分に出ます
 (1ピン当たり約800Kg)。

ハイブリッドピン使用の利点

◆ステンレスピンにキャップが一体
 化しているため確実にタイル固定
 できます。
◆従来ピンニングの4工程を1工程で
 処理できます。
◆一般ピンニング工法の全ネジピ
 ン、4φに比べ5φであるため剪段
 強度が強い。
◆0.5oごく薄キャップであるため
 凹凸が目立ちません。
◆テーパーキャップ施工の場合、凹
 凸がありません。
 (面取りの為、1工程増えます)



ハイブリッドクイック導入例1 ハイブリッドクイック導入例2 ハイブリッドクイック導入例3

「ハイブリッドクイック工法とは」 に戻る 詳しいお問い合わせはコチラから

おすすめ資材

本社連絡先

〒811-1314
福岡県福岡市南区的場1-24-3
TEL 092-915-4150
FAX 092-915-4151
E-Mail webmaster@itoken.info

佐世保営業所

〒857-0134
長崎県佐世保市瀬戸越3-16-14
TEL 0956-88-7223
FAX 0956-88-7535
E-Mail sasebo@itoken.info